fc2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルベール<帰郷>

【アルモドバル新作】 ボルベール<帰郷> 【ペネロペ・クルス】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1181928058/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 02:20:58 ID:Rwu7Lp2k
6月30日(土)公開

監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ロラ・ドゥエニャス/ブランカ・ポルティージョ/ヨアンナ・コバ/チュス・ランプレアヴェ


11 :名無シネマ@上映中:2007/06/18(月) 21:10:11 ID:1BLyZVqv
試写帰りです。
個人的にはすごく好きな作品でした。
以下ネタバレ↓


お母さんとペネロペがなんで仲悪かったのか謎だったけど後半であーなるほどねって思った。
ボルベールを唄うシーン良かった。車から隠れて見てる母親が泣いてて。
ペネロペは特に好きじゃなかったけどこの映画ではハマり役。
室井滋似のお姉さん役もがんばった。この人、海を飛ぶ夢とか靴に恋してにも出てるよね。
色の使い方も相変わらず上手いし風車が回ってる絵も良かった。全体的には女性向けかな。

13 :名無シネマ@上映中:2007/06/19(火) 00:52:36 ID:TK3+b+/f
オールアバウトマザーとどっちが面白い?

14 :名無シネマ@上映中:2007/06/19(火) 08:45:28 ID:oDtEAebx
>13
オールアバウトマイマザーにちょっと通ずる部分もあるかな。出生の秘密とか。
あれもいい作品だけど私はこっちの方が好きかな。

19 :名無シネマ@上映中:2007/06/29(金) 19:58:53 ID:xm2QoC6b
試写見たけど、これはペネロペの為の映画だった。
とにかくペネロペが魅力的。
登場人物の誰に感情移入するかってペネロペ以外にいないわ。
オールアバウトマイマザーの続編みたいだった。。

15 :名無シネマ@上映中:2007/06/23(土) 09:49:11 ID:pnD0RSVW
ペーパータオル一面に血がバーッと染まっていくシーンが見事。アルモドバル節だったな。

クランクアップ当日「嫌よ、ここを去りたくない」と泣き叫ぶペネロペをアルモドバルが抱きかかえて
トレーラーまで連れてったらしい。で、トレーラーを開けたら「新しい世界へようこそ」と大段幕に書いてあった。
「そうまでしなければ私が次の仕事に取りかかれないのをアルモドバルもわかってたのね、
実際次の映画の撮影に入ってからも2か月位アルモドバルに電話して
『あなたがいないのがどんなに辛いかわかる?』と言ってたわ。今まで35本の作品に出演したけど
あれほど演じたかった役はないわ」とインタビューで言ってた。

32 :名無シネマ@上映中:2007/07/02(月) 01:00:55 ID:TD3EAO+m
>>15のキッチンペーパーのシーンは自分も「これぞアルモドバル!」と興奮した

24 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 11:01:48 ID:xjHIlkl7
ペネロペこの映画のためにアルモドバルに3キロ太れと言われて太ったらしいね。
尻は付け尻だって。
以下ネタバレ


最初の墓場のシーンで隣人のショートカットの人がペネロペの娘に「ママ(ペネロペ)のパパと同じ目だわ」
と言うシーンが2回あったね。あれが伏線だったのか。

25 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 18:19:51 ID:bp5tiPU1
付け尻かー。不自然なデカ尻だなと感じてたんだよ。
それにペネロペってあんなに胸大きくないよね?
脇と下にすっごいパッド入ってそう。
綺麗に谷間できてたし巨乳にも見えたけど、
もっと華奢だったと思う。
素晴らしいバストメイク!

2ちゃんねる映画ブログ

26 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 19:11:57 ID:xjHIlkl7
うん。グラマラス体型があの強く逞しい女性役に合ってたよね。

27 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 23:57:32 ID:7I3EbRl0
肯定的な評価が多いけど、
ペネロペはハッキリ言って努力不足。

劇中の唄も吹き替え無しで歌って欲しいし、
つけ尻(胸も?)無しでイケるくらい太って欲しかった。

そうすればアカデミー賞も彼女が捕っただろうし、
間違いなく彼女の代表作になっただろうに。

28 :名無シネマ@上映中:2007/07/02(月) 00:19:47 ID:AQNDkTYb
歌はまだしも、尻や胸をどうにかするならいじるしかないだろ

29 :名無シネマ@上映中:2007/07/02(月) 00:27:17 ID:kTnLkDnT
>27
雑誌のインタビューによるとボルベールをスペインで唄ってヒットさせたエストレージャ・モレンテが
超有名なフラメンコ歌手だから自分が唄うわけにはいかなかったとか。
あの吹き替えはリハーサルにもすごく時間がかかったらしい。

エマニュエルベアールなんて歌姫役やるのに下手糞だったし、吹き替え無しで下手に唄われるよりよっぽどいいけど。

34 :名無シネマ@上映中:2007/07/02(月) 07:45:38 ID:V4zEmGxz
面白いが女性賛歌って言うか男性蔑視な映画だと思った
男はみんな変態で殺されてもしょうがない存在なのかね
イイ男が出てきて、女性が持つ良さを引き出してほしかった

35 :名無シネマ@上映中:2007/07/02(月) 08:25:12 ID:kTnLkDnT
最初にランチを頼みに来た撮影クルーの青年と恋に落ちるのかと思いきやそうじゃないところが良かった。

ベッドの下でペネロペに見つかった時のママは可愛かった。

37 :名無シネマ@上映中:2007/07/03(火) 00:03:28 ID:9qCwNzLo
観てきた。

女性賛歌というよりも人の業を描いているようにオモタ。
でもあまり暗くなくて乾いた感じもして、ちょっとほっとさせられたよ。
殺人、癌、孤独死といった悲惨な話ばかりなんだけど。
終わり方も良かった。

39 :名無シネマ@上映中:2007/07/03(火) 18:52:36 ID:xp50EzOa
今日渋谷で見てきた。座席の7割方埋まっていて、時折笑いも起きるような和やかな雰囲気だった。

人間の業の深さとそれにも関わらず赦しがあるようなところはこの監督ならではの素晴らしさだと思います。
ペネロペ・クルズはもちろんいいんだけど、その姉役の人もすごくよかった。

141 :名無シネマ@上映中:2007/08/10(金) 23:44:57 ID:viaCl1v1
女性賛歌を女の監督がやるとフェミっぽくて説教くさくなるけど、
アルモドバルはさすがゲイ目線で妙にリアル

42 :名無シネマ@上映中:2007/07/04(水) 00:33:27 ID:W95MAsDI
今回のペネロペの「娘」役の子を見て改めて思ったけど、アルモドバルは昔から
ちょっと変な顔をした美女を見つけてくるのが上手いよなー。

43 :名無シネマ@上映中:2007/07/04(水) 03:31:47 ID:fKu66INE
俺の知識が乏しいからか、男だからか分からんがちょっと面白くなかった
けど映画の何時ものセオリー通りじゃなくて何か新鮮だった

2ちゃんねる映画ブログ

娘マジでロナウジーニョじゃん

44 :名無シネマ@上映中:2007/07/04(水) 20:54:21 ID:zFRuLS7a
じゃあアポカリプトの主人公と結婚させよう

52 :名無シネマ@上映中:2007/07/06(金) 00:40:19 ID:JKqvvxAO
レディスデイに六本木ヒルズで観ました。
女性が多くて8割程度の入り。
時々笑い声もあがり和やかな雰囲気。

「オール・アバウト・マイ・マザー」にも通ずる
死や過酷な運命をも逞しく生き抜く女性達への賛歌。
近作2本は男目線だったが、本来の(?)オバサン目線
に戻ったよう。
母娘、姉妹、親戚、隣人と、女達の連帯が力強い。

ほんわかとしたお姉さんと、真実を知りながら手伝って
くれる隣人の娼婦が良い。
彼女達の1/10でもいいから、あの逞しさがほしいw
最高傑作とは言わないが、笑えて力を貰えて、最後は
優しい気持ちになれる映画です。

55 :名無シネマ@上映中:2007/07/06(金) 18:53:12 ID:sw7twNyB
ライムンダ姉妹は仕事で成功してる訳でもなく裕福とは言えない暮らしだけど姉妹仲良く家族愛がある。
おばさんちの隣人は癌で弱ってるのに仕事で成功した妹(姉だったかな?)は会いにも来ない。

そんな対比も上手く描けてたな。

ロシア人の真似するお母さん可愛かったw

57 :名無シネマ@上映中:2007/07/07(土) 00:46:27 ID:rgf61Puf
アルモドバルの映画は愛に満ちていますね。
時間を忘れてしまいました。

66 :名無シネマ@上映中:2007/07/07(土) 14:54:45 ID:x9uOknOn
おととい見てきた。母親讃歌?三部作の中では一番良かった。
実生活で自分自身が母親や家族との関係について見つめ直す機会があったせいか、
ライムンダの母親が出てくるあたりから涙腺決壊し、あとは何でも無い場面でも
涙が流れまくりだったw 終了までにもう1回見てこようと思う。

79 :名無シネマ@上映中:2007/07/08(日) 17:49:39 ID:qPPdVq2V
観てて飽きない。
特にペネロペの乳。

今日も海外版のDVD流しっ放し。

88 :名無シネマ@上映中:2007/07/11(水) 21:57:55 ID:AMgQWQKP
姉がエアロバイクの持ち手を嗅いでたのはなんで?

ウエハースやドーナツをママが作ってたからいい匂いがしたのかな?

89 :名無シネマ@上映中:2007/07/12(木) 09:45:36 ID:Nwvg3Tq2
>>88
おならと一緒。
匂いの記憶は鮮明でいつまでも脳内に留まる。
母の匂い(体臭)を嗅ぎ取ったんだろう。

94 :名無シネマ@上映中:2007/07/13(金) 23:55:10 ID:9XSlGVCL
ああ!
あのウェハースかドーナツが食べたい!

アルモドバル映画は、
食べ物が美味しそう!

158 :名無シネマ@上映中:2007/09/10(月) 18:40:32 ID:5M4q8CHl
撮影クルーがあんなにキチンとしたランチ食べれるのが羨ましかった

打ち上げも含め、オパーイで目をごはんで舌を堪能させてくれるの最高やね

飽食大国ジャポネよりも後進国なのに豊かに見えた

159 :名無シネマ@上映中:2007/09/10(月) 21:16:21 ID:IADC8VyY
スペインが後進国?いやいや食に関したって飽食の域だろう。

160 :名無シネマ@上映中:2007/09/10(月) 23:29:47 ID:9Fvpk+AR
あの豚肉のテリーヌみたいなやつがすごくうまそうだった。
あと分厚いオムレツも。

122 :名無シネマ@上映中:2007/07/24(火) 02:01:50 ID:ebjw27n7
本来アクの強い作家なのに、
娯楽としても楽しめる作品にできたところがすごいところかと。
10年後に観るとまた違って見えるかもしんないよ。

123 :名無シネマ@上映中:2007/07/24(火) 10:42:35 ID:dnX61Gtl
今までは、破天荒な登場人物が沢山出て来て、
折重なるようにストーリー運びをしていたけれど、
だんだんとその中の一人一人に焦点を絞って、
深く掘り下げて行く作風に変わって来た感じ。

98 :名無シネマ@上映中:2007/07/15(日) 12:21:52 ID:yFEoCOaz
最後の方でカルメン・マウラがヴィスコンティの『ベリッシマ』を見ているシーンがありましたね

アンナ・マニャーニ→男に苦労する女→グロリアの憂鬱→カルメン・マウラ

話自体が『グロリアの憂鬱』によく似ているし、ペネロペもグラマーに見えるように撮ってる

つまりラテン女優に捧げられている作品なんだと思いました

じわっと来るいい作品だと思います

125 :名無シネマ@上映中:2007/07/25(水) 15:48:51 ID:sRgOI0aB
娘役の女優の年齢がペネロペと11歳しか違わないのが凄いと言うか
童顔だな、あれで22歳か

126 :名無シネマ@上映中:2007/07/26(木) 02:08:24 ID:w/1RgXRD
>>125
そんな歳なのか。子供に見えたな。
一瞬裸もうつるんだよな。それは大人だったけど。

120 :高2:2007/07/23(月) 15:46:45 ID:OkSsDFua
夏休み初日に見に行ったが、なにも考えずに普通に娯楽映画として楽しんでしまったorz
女性賛歌とかそういう深い映画だったのかorz

127 :名無シネマ@上映中:2007/07/26(木) 18:42:04 ID:woQ1CKaT
>>120
実父にレイプされちゃいまして…ってのが話の根底にあるからなあ…。
普通の娯楽映画ではないよなあ…。そこでぜんぜん暗くなってなくて
むしろパッと華やかで高2でも楽しめてしまうってのが監督の手腕なのかなあ…。

128 :名無シネマ@上映中:2007/07/27(金) 00:51:50 ID:0rZ83rTq
うん、同意。
あとペネロペのキャラが真相の重さを解消している。
彼女の立ち振る舞いを見ていると、
“傷は重いがそれでも前向き”って感じが伝わる。

ペネロペ以外のキャストだったら映画成立しないかも。

130 :名無シネマ@上映中:2007/07/31(火) 22:26:31 ID:3C9z6xDl
ペネロペがすごくステキだった!
将来はドヌーブ、ローレンクラスと見た。

131 :名無シネマ@上映中:2007/08/04(土) 00:57:46 ID:ZFSfZ8M0
放尿シーンにはちょっと驚いた

153 :名無シネマ@上映中:2007/08/24(金) 00:20:54 ID:ZcnX/cBb
今日観てきました。よかった。
同じストーリーの日本映画だったら、横溝正史モノだよなぁと思いながら
観てました。
なのに、ドロドロにもズンドコにもならないのは、この監督とペネロペの
おかげなのかな~。

ちょっとわからなかったのは、あの故郷の人達は、ペネロペの母親のことを
幽霊として認識してたのか、
実は焼け死んだのは別人で本人は生きてたんだと(でも、事情が事情だから、
真実には触れずにそっとしとこうと)認識していたのか、
どっちなんでしょうか。

154 :名無シネマ@上映中:2007/08/24(金) 20:38:49 ID:J22oZCLL
前者。

155 :名無シネマ@上映中:2007/08/24(金) 23:42:12 ID:3TtsFtjM
>154
ありがとうございます

165 :名無シネマ@上映中:2007/09/12(水) 22:08:49 ID:jAVbmrmN
今日見てきた
前半は正直ダレたけど、後半からは面白くなったな
しかし娘はおっさん殺してGJだが
思ったほどショック受けてなくてそこが何だかアレだった。
しかしペネロペの乳はすごいな。女ながら見ほれたw
熟女の色気もいいもんだなあ

167 :名無シネマ@上映中:2007/09/14(金) 00:45:51 ID:aVpiltlz
まさにムンムンって感じだな
日本ではまず見かけないタイプの色気

195 :名無シネマ@上映中:2007/12/25(火) 17:10:40 ID:Li4dw+kT
ペネロペは老けがきたらますますステキになった。

2ちゃんねる映画ブログ

203 :名無シネマ@上映中:2008/01/12(土) 03:47:58 ID:dtPzDKsF
>>195
私は女だけど、正直イケメン見るより今のペネロペ見てる方が楽しいわ。
あとエンドロールも綺麗だったな~。

173 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 15:58:24 ID:FL7S4JgB
公開時、死んだはずの母親が娘の前に現れて・・・と紹介されてたので
蘇り系の変な話なのかと思ってスルーしてたけど、再映されてたので観て来ました。

観て良かったー。面白かったよ。
ペネロペ最高だ。おっぱいすごかった。お尻は付け尻だったのか。
内容は業が深いけどたくましく生きていくって感じで良かった。
帰郷を歌うとことか、父親にレイプされたことを告白するとことか泣けた。
レイプ云々は途中で気づいてくけど、本人が直接口にするとやっぱ重みが違うなぁ。
最初パコ殺しが露見してって展開になるのかと思って、いつバレるかとヒヤヒヤしてたw

チラ裏だけど・・・気安く強引に肉よこせ言うあたりが好き。
自分が姉だったら妹が美人すぎて卑屈になりそう。
真実を告白されても頑張れパウラ。
ほかの人も言ってるけどキッチンペーパーと風車イイ。
エンディングクレジットへの入り方唐突だった。
クレジットの終わり方も唐突だった。初めてパンフ買っちった。

187 :名無シネマ@上映中:2007/11/15(木) 14:25:46 ID:wmuR2B07
あのデブの娼婦ってドミニカ系とかかな?
一人浅黒い感じだからちょっと気になってみた。

2ちゃんねる映画ブログ

188 :名無シネマ@上映中:2007/11/18(日) 19:34:39 ID:4t0p99GT
>>187
あれは渡辺えりだろ。

2ちゃんねる映画ブログ

201 :名無シネマ@上映中:2008/01/05(土) 10:16:37 ID:OXtIK6x+
坊主のねえちゃんがペネロペの母さんに最後会うき驚いた様子が
なかったけどなんでですか?もうよわってたからかな。

ペネロペと姉ちゃんがあまりにも顔が違うのもなんかいみしてるのかな?
それは考えすぎでしょうか?

202 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 23:39:49 ID:Yddg34Or
やっぱこれはDVDより映画館でみる映画ですね。
なんかDVDみたらつまらなかった。ま、うちの画面小さいからかな。

205 :名無シネマ@上映中:2008/01/12(土) 23:49:58 ID:MsjrOsR1
ストーリーができすぎで嫌だ。

206 :名無シネマ@上映中:2008/01/13(日) 23:03:38 ID:34/yjxL7
>>205
作り物なんだから、
出来過ぎくらいで普通だろ。

210 :名無シネマ@上映中:2008/01/25(金) 19:36:49 ID:3/PUv8bZ
オールアバウトとトークトゥハーは好きなんだけど
これはどこが面白いのかわからなかった。映像センスは好きだけど。

この映画好きな人はストーリーが好きなの?純粋に教えてほしい

218 :名無シネマ@上映中:2008/01/27(日) 22:03:45 ID:qBukjxo9
>>210
レストランが繁盛する辺りは痛快だった。
ある意味サクセスストーリーじゃん。死別した母親は戻ってくるし、
ニートな旦那とは別れられるし、明るい未来を予感させて暖かくなる。

220 :名無シネマ@上映中:2008/01/27(日) 22:16:29 ID:l7Hsmw0v
>>210
その2本と比べるのは辛いが、まあこれはこれでよかったよ

222 :210:2008/01/28(月) 11:09:28 ID:u8v58bOM
レスくれた方どうもありがとう。
女性の自立、サクセスストーリーね。それ聞いたら少し納得できた
ただ短髪ヒッピーの母親とのエピソードが持つ意味が分からなかったなあ

225 :名無シネマ@上映中:2008/01/29(火) 18:51:06 ID:4u0mUIeC
>222
どういうこと?浮気相手が短髪の母親だったってことが
なんでそんな設定にしたのかなってこと?

228 :名無シネマ@上映中:2008/01/30(水) 02:02:12 ID:/Sj8jra9
>>225
その通りです。
死んだとされていた母親が実は生きていたことの理由、だけですかね?

230 :名無シネマ@上映中:2008/01/31(木) 11:25:05 ID:rP8efZqM
>228
なんか1番かわいそうなのは短髪の子なんじゃないかな?
人生の不条理を表しているというか。最後はその子の面倒を
ペネロペの母が見て死んでいくなんて。うーん不条理

240 :名無シネマ@上映中:2008/03/09(日) 20:18:38 ID:FO6btGxY
あの坊主頭の女性、てっきりゲイ(男性)だと思ってた。
いつ明らかになるのかと思っていたら、最後まで女性でした。

2ちゃんねる映画ブログ

236 :名無シネマ@上映中:2008/02/13(水) 12:21:36 ID:TgU/LcFa
観た
よかった

テーマが「帰郷」ですので、そこを念頭に観た
ペネロペは昔、故郷との決別を決意して出ていったのですな
しかし歌のくだりにもあるように、故郷への想いは熱く、ずっとそれを背負って生きてきた
最終的に母親との再開を果たし、気持ちのうえで本当の意味で故郷に戻ることができたというお話ですな
良い話ですな

それにしても殺人が絡んでくるのだが
そのもって行き方、落としどころの表現が独特でしたな
なんとなくあれはあれでいいんだと思わせてしまうところが凄いと思ったw
いやマジで

237 :名無シネマ@上映中:2008/02/18(月) 23:45:34 ID:Wcl0l5r8
幽霊の母親が戻ってきた理由とはみたいな話だと思ってたので
夫を殺すシーンや所々にあるエロに慌てたw
あのエロシーンも父親の罪をあらわしてると思うと
反応してしまう自分にゲンナリ。
でもペネロペは綺麗、お姉さんも容姿は劣るけどいい人なのがよく分かる役でした。

247 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 01:10:21 ID:Dca+g78Y
この映画映像とかよかったけど、どこで泣けるのかわからない。
菊地なんとかという評論家が泣きっぱなしだったとかいったたけど。

248 :名無シネマ@上映中:2008/03/25(火) 08:47:33 ID:z0qcQgrM
俺はペネロペが歌うとこなんか涙がとまらなかったよ。
でも、あれ吹き替えなんだよな。

264 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 16:55:02 ID:xzkazHgk
この監督の作品はストーリーやキャストはもちろん音楽や景色が最高にイイな!
・オールアバウトマイマザーでは「TAJABONE」っていう曲
・トークトゥハーではカエターノの曲
・ボルベールではペネロペが歌っている曲

どれも大好きだ


関連記事

  1. 2009/12/23(水) 01:33:19|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様 | ホーム | サマーウォーズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1015-0cb61ab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (286)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 香港映画 韓国映画 ニコラス・ケイジ 高良健吾 竹中直人 谷村美月 ジョニー・デップ 麻生久美子 妻夫木聡 西田敏行 ミュージカル サミュエル・L・ジャクソン 加瀬亮 ブルース・ウィリス リーアム・ニーソン 阿部寛 松山ケンイチ ジャッキー・チェン 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ハリソン・フォード スペイン映画 マット・デイモン ドキュメンタリー 浅野忠信 ARATA 山田孝之 三浦友和 役所広司 岡田将生 中村獅童 小出恵介 ブラッド・ピット 戸田恵梨香 ユアン・マクレガー レイフ・ファインズ 宮藤官九郎 小池栄子 瑛太 藤原竜也 小栗旬 蒼井優 満島ひかり 玉山鉄二 宮崎あおい スティーヴン・セガール スカーレット・ヨハンソン 長澤まさみ 吉高由里子 アーノルド・シュワルツェネッガー 堤真一 ジョン・トラヴォルタ 成宮寛貴 谷原章介 大沢たかお 樹木希林 犬映画 ジェイソン・ステイサム ゲイリー・オールドマン ロバート・ダウニーJr. ユースケ・サンタマリア 特撮 ジョージ・ルーカス キャメロン・ディアス 鈴木京香 田中麗奈 西島秀俊 中国映画 カナダ映画 佐々木蔵之介 伊勢谷友介 モーガン・フリーマン 渡辺謙 薬師丸ひろ子 トム・クルーズ トム・ハンクス エマ・ワトソン 窪塚洋介 椎名桔平 広末涼子 ガイ・ピアース アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 綾瀬はるか 宮崎駿 田辺誠一 香里奈 堺雅人 柳葉敏郎 園子温 アンソニー・ホプキンス ジョージ・クルーニー 北乃きい 深田恭子 ヒュー・ジャックマン 市原隼人 香取慎吾 井上真央 仲里依紗 オーストラリア映画 シガーニー・ウィーバー 玉木宏 中井貴一 サンドラ・ブロック ラッセル・クロウ 石原さとみ 伊藤英明 阿部サダヲ ダコタ・ファニング ハル・ベリー ジョディ・フォスター 草なぎ剛 竹内結子 クリント・イーストウッド アン・ハサウェイ 仲間由紀恵 ミラ・ジョヴォヴィッチ ユマ・サーマン 成海璃子 佐藤隆太 ミッキー・ローク 上野樹里 仲村トオル ウィル・スミス 松田龍平 水川あさみ イライジャ・ウッド クリスチャン・ベール シルヴェスター・スタローン 大泉洋 豊川悦司 トミー・リー・ジョーンズ 木村佳乃 木村多江 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ 林遣都 ベン・アフレック ケイト・ベッキンセイル 深津絵里 ケヴィン・スペイシー 堀北真希 大竹しのぶ 柴咲コウ リチャード・ギア キアヌ・リーブス ジュード・ロウ 吉瀬美智子 白石美帆 ナタリー・ポートマン 永山絢斗 スティーヴ・ブシェーミ 岡田准一 黒木メイサ 栗山千明 コリン・ファレル ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー メリル・ストリープ ティム・バートン 松田翔太 オーランド・ブルーム 江口洋介 哀川翔 ジュリア・ロバーツ 小雪 ダスティン・ホフマン 小西真奈美 松本人志 マイケル・J・フォックス 森山未來 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン 松雪泰子 唐沢寿明 及川光博 佐藤健 ロバート・ゼメキス マイケル・ベイ 中村蒼 北野武 リュック・べッソン ペネロペ・クルス 西部劇 佐藤江梨子 北川景子 竹野内豊 クエンティン・タランティーノ アレック・ボールドウィン ザ・ロック マイコ 香椎由宇 寺島しのぶ ベルギー映画 宮迫博之 ケヴィン・ベーコン ベニチオ・デル・トロ イタリア映画 グウィネス・パルトロウ ショーン・ペン 中谷美紀 デニス・クエイド 菊地凛子 ヒース・レジャー 松たか子 ジャン・クロード・ヴァン・ダム 織田裕二 生田斗真 多部未華子 アビゲイル・ブレスリン キャシー・ベイツ ジェームズ・キャメロン 小林聡美 オーストリア映画 桐谷健太 ビル・マーレイ 向井理 ウィノナ・ライダー 篠原涼子 ロバート・パティンソン ジャック・ブラック サラ・ジェシカ・パーカー チャーリー・シーン ポール・バーホーベン 市川由衣 マイケル・ダグラス 三浦春馬 ジェフ・ブリッジズ 猫映画 イーサン・ホーク シャーリーズ・セロン 溝端淳平 ケヴィン・コスナー ジム・キャリー 永作博美 ダニエル・クレイグ ジェット・リー 芦田愛菜 ダニエル・ラドクリフ クライヴ・オーウェン 真田広之 オーウェン・ウィルソン ベン・スティラー ピアース・ブロスナン ジェラード・バトラー イ・ビョンホン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジョン・マルコヴィッチ 小泉今日子 スーザン・サランドン 新垣結衣 エディ・マーフィ 吉川晃司 ケイト・ウィンスレット 岡村隆史 上戸彩 原田知世 二宮和也 ガイ・リッチー リブ・タイラー 中居正広 ヒュー・グラント 山田洋次 榮倉奈々 シャイア・ラブーフ 木村拓哉 小池徹平 アンドリュー・ガーフィールド エドワード・ノートン 福田沙紀 星野真里 中村雅俊 ダニエル・デイ・ルイス 稲垣吾郎 クリステン・スチュワート クリス・パイン ジェシカ・アルバ 水谷豊 ナオミ・ワッツ 笑福亭鶴瓶 ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ チェコ映画 桜庭ななみ キーファー・サザーランド リバー・フェニックス ティム・ロビンス オダギリジョー ロビン・ウィリアムズ 三谷幸喜 M・ナイト・シャマラン アントニオ・バンデラス メキシコ映画 平野綾 内田有紀 夏帆  ジェームズ・マカヴォイ エミリオ・エステベス 松田優作 マシュー・マコノヒー 水嶋ヒロ ソン・ガンホ オリヴァー・ストーン エイドリアン・ブロディ 井ノ原快彦 高倉健 シャロン・ストーン ミシェル・ファイファー ポーランド映画 ジェラルド・バトラー 庵野秀明 三浦翔平 キーラ・ナイトレイ ジェイミー・フォックス メグ・ライアン 速水もこみち ペ・ドゥナ キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート ウィリアム・ハート デミ・ムーア 寺尾聰 長谷川京子 福山雅治 東山紀之 アンディ・ガルシア ジョシュ・ハートネット 相武紗季 アル・パチーノ 前田敦子 ドリュー・バリモア スティーブン・キング ブレンダン・フレイザー オードリー・ヘプバーン ジャン・レノ ジョン・キューザック 押井守 ショーン・コネリー 反町隆史 ホアキン・フェニックス メル・ギブソン 武井咲 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ マーティン・スコセッシ ウーピー・ゴールドバーグ ハーレイ・ジョエル・オスメント 吉永小百合 マコーレー・カルキン アダム・サンドラー 渥美清 井筒和幸 大島優子 つるの剛士 ジェニファー・アニストン 武田鉄矢 藤木直人 米倉涼子 中島哲也 リンジー・ローハン ノルウェー映画 松嶋菜々子 奥菜恵 ピーター・ウェラー スウェーデン映画 タイ映画 マイク・マイヤーズ 松下奈緒 大倉忠義 ウェズリー・スナイプス チョン・ウソン 加藤あい リーズ・ウィザースプーン アシュトン・カッチャー オランダ映画 吉岡秀隆 ポール・ニューマン 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア マドンナ 沢尻エリカ チャック・ノリス 安藤政信 金城武 チャン・ツィイー 櫻井翔 ルクセンブルク映画 陣内孝則 中山美穂 チョン・ジヒョン 市川海老蔵 マット・ディロン 菅野美穂 クリス・タッカー スティーヴ・マーティン ウォンビン 佐々木希 カート・ラッセル コロンビア映画 アルゼンチン映画 アシュレイ・ジャッド ハンガリー映画 台湾映画 イスラエル映画 山下智久 シェール 照英 赤西仁 ブルース・リー 亀梨和也 ソン・スンホン 新海誠 長瀬智也 山下敦弘 スイス映画 マイケル・ムーア 伊東美咲 錦戸亮 松平健 本木雅弘 フィンランド映画 シガニー・ウィーバー イラン映画 丸山隆平 スイス映画 キーラ・ナイトレイ ドルフ・ラングレン インド映画 松坂桃李 高橋克典 松岡昌宏 大野智 村上信五 スロベニア映画 ポール・ウォーカー デンマーク映画 ロバート・レッドフォード ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン スロバキア映画 キルスティン・ダンスト 森且行 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR