fc2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼロの焦点

【犬童一心】ゼロの焦点【広末中谷キムタエ】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1238520728/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/04/01(水) 02:32:08 ID:ZhierOgI
原作 松本清張
監督 犬童一心
キャスト 広末涼子、中谷美紀、木村多江

電通・東宝提供作品
製作:「ゼロの焦点」製作委員会
全国東宝系(2009年秋公開)


350 :名無シネマ@上映中:2009/10/23(金) 00:25:43 ID:3kjCo2/C
今日見たけど脚本がひどい。
広末のナレーションのぶつ切り感が気になる。
最後広末が泣けてないのが気になった。
キムタエと中谷の演技はすげえ

358 :名無シネマ@上映中:2009/10/24(土) 00:03:34 ID:Mk9EhBjj
スイッチ入った後の中谷美紀の演技、ぞっとするな
ヒッチコック思い出した

2ちゃんねる映画ブログ

470 :名無シネマ@上映中:2009/11/11(水) 02:33:02 ID:SnsyFvp4
映画のレビューなどが書かれた情報誌をいくつか見たけど
中谷美紀の演技は賞レース絡むんじゃないかって言われてるな。
そんなにすごいのか?

471 :名無シネマ@上映中:2009/11/11(水) 03:25:02 ID:TdjqI3BS
好き嫌いはあるだろうけど、中谷からはその役を本気で演じきろうという女優の気迫を感じる。

いっぽう広末は、涙がムリなら目薬でも使えばよかったのに。
どんなに顔しかめて泣き声だしても、本気涙の中谷とは勝負にならない。

408 :名無シネマ@上映中:2009/11/06(金) 21:45:32 ID:RjxyMfgK
中谷の演技は場面によっては少し大袈裟と感じる人がいるかも。
まあそういう役柄なんだけど。
でも本当近年演技力に磨きがかかっていっている印象。
凛とした社長夫人を好演していた。

木村は中谷とは対象的に静の演技。
他の二人と比べ出演時間は短いもののすごく印象に残る。

広末は他の二人に完璧に喰われていて気の毒。
苦労知らずのお嬢さんという設定ならある意味ミスキャストではないのかも知れないが…。

360 :名無シネマ@上映中:2009/10/24(土) 01:15:48 ID:ggwsteBU
室田社長と夫人の関係をもう少し丁寧に描けなかったのかな?
なんか最後が唐突な気がして…
加賀さんが勿体ないよ

2ちゃんねる映画ブログ

361 :名無シネマ@上映中:2009/10/24(土) 07:46:14 ID:PP4oPwdg
>>360
冷徹な女ったらしが急に嫁を庇いだしたよな。
あの流れは酷い。
脚本がクソなのか。

393 :名無シネマ@上映中:2009/10/28(水) 17:40:49 ID:b3PptagN
まだ見てないけど、音楽が、あまり評判良くないみたいだね。
オンリーユーと中島みゆき。

394 :名無シネマ@上映中:2009/10/28(水) 20:02:35 ID:TdcKe6O1
ラストのオンリーユーは本当にひどかった

395 :名無シネマ@上映中:2009/10/29(木) 18:22:50 ID:8998hnsg
たしかに、オンリーユーは合わないね。
なんかこの曲に、深い意味があるの?

594 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 23:26:51 ID:ldjZT7Gf
あの「オンリーユー」の使い方はさぶすぎるなw
監督は「これ決まってる」とか思ってるのかな。

442 :名無シネマ@上映中:2009/11/09(月) 23:39:56 ID:8zxX4/ND
広末だけ演技力に差がありすぎるんじゃね?
下手って意味で

広末はまだアイドルのイメージが抜けない
なんで話題の作品にばかり出れるのか不思議でならん

451 :名無シネマ@上映中:2009/11/10(火) 07:45:16 ID:41cANG2b
>>442
広末に求められてるのは演技力よりも存在感や若々しさとか。
新妻とか若い愛人とか姫とか。
本木や江口、浅野、西島が相手だから今旬な若手だと歳の差
ありすぎるから広末が担当する。

446 :名無シネマ@上映中:2009/11/10(火) 00:50:04 ID:ix73A3Tn
広末より中谷の出演が先に決まってたんだよね
広末ありきの企画だと思ってたからビックリ

447 :名無シネマ@上映中:2009/11/10(火) 00:52:58 ID:ZBp+7IwC
日経エンタのインタビューで犬童監督がそんな話をしてたな
中谷は脚本完成前に出演承諾をもらったから
あて書きで膨らませながら脚本書いたって

449 :名無シネマ@上映中:2009/11/10(火) 01:05:24 ID:ix73A3Tn
>>447
広末も「中谷さんの出演が決まっていたので
また共演したくて自分もOKした」って話してたよね

450 :名無シネマ@上映中:2009/11/10(火) 07:34:45 ID:vli/0RB5
そんな、自ら死ににいかなくてもいいのに…>広末

615 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 01:20:01 ID:riETLJNo
広末は声が悪いよ。子供みたい。
「マリー!」って叫ぶところ、犬の映画のようだった

616 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 01:23:14 ID:awrklToZ
広末涼子は愛らしくて良いんじゃないかな。
若妻の雰囲気が良く出てたよ、かわいそうに・・・と素直に思った。

2ちゃんねる映画ブログ

617 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 01:24:56 ID:riETLJNo
ナレーションの語尾がぶつ切りな感じがした。
「だったっ」「であったっ」みたいなしゃべり方。
あのナレーションがもっと良ければ印象が違ってたのかもしれん

484 :名無シネマ@上映中:2009/11/12(木) 00:26:55 ID:W6ERXdzv
市毛良枝の変わらなさにびびる

552 :名無し:2009/11/14(土) 18:57:51 ID:OLCvuIus
迫力も見応えもあったけどその方向性が途中から妙な方向に行ってしまった気がする
中谷は演技上手いけど、その上手さをもっと自然に演出できなかったのだろうか?
広末も何も知らないお嬢さんは合っていたと思うが
もっと中谷との対決シーンを上手く演出してあげられなかったのだろうか?
あと構成とCGと音楽の使い方が・・・

何気に要らないキャラが一人があったように思う
あれは原作にはいないよな
ただある意味2時間釘付けにはなったけどねw

577 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 21:26:00 ID:yssCEDaf
中谷の演技自体は上手いとは思うが
この作品ではちょっと過剰すぎて引いてしまったってのはあるなぁ
もちろん演出のせいもあるだろうけど。
時代背景を考えると広末木村のほうが昭和のテイストにはなじんでたと思う。
広末の表情はなかなか良かったよ。
木村タエはこういう役合うよねぇ。

578 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 21:28:50 ID:Fts35DA5
過剰演技は犬童の演出だと。
舞台のようなハイテンション演技でやるように指示したって言ってた

580 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 22:03:05 ID:KZZ2b/vb
感情抑え捲くる広末と感情むき出しの中谷で対照的にしたかった
んだろうけど

549 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 18:13:20 ID:AuvtnDcr
ぶっちゃけ話が古いから、犯人の気持ち よくわからねえし トリックはなんかちゃちだし
見る気になる奴って広末が好きなだけだろ

550 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 18:29:40 ID:K9oyOsxo
まあ時代背景が違いすぎるからなぁ。
原作や前作の映画が公開された時はパンパンなんて隠したい穢れた過去って事で
統一されていたけど現在は元売春婦でも英雄気取りの奴とか恥ずかしい事ではないとか
言い出す連中がいる時代だからな。

556 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 19:22:57 ID:KZZ2b/vb
>>550
たしかになあ。
なぜそこまでやるのかが今の時代じゃピンとこないんだよなあ。

596 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 23:55:26 ID:kD2Bz2Id
中谷が過去を知られたくない思いがいまいち伝わらなかった。
選挙に出てる本人だったらまだ納得できたけど。
それ以上に西島の生まれ変わりたい思いもわからず。
そんな恥ずべき過去かなと。

610 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 01:07:23 ID:awrklToZ
>>596
わからんかな。
デリヘル嬢だってサイトで顔出しNGじゃないか。

571 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 21:07:51 ID:TM+vmjgh
メガネかけた番頭さんみたいな社員はなかなかいい味出してたな。
途中で殺されないで、謎解きのパートナーにしてほしかった。

あと弟の役者だれ?

2ちゃんねる映画ブログ

581 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 22:30:32 ID:TM+vmjgh
弟役は調べたら崎本大海くんっていうんだな。

慶応の法学部卒っすかwww育ちいいんだな・・・

602 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 00:23:48 ID:gu/1dabW
見てきた。
脚本も演出も編集も主演広末も2時間ドラマレベル。
TOHOシネマズディ1000円でも高いわ!
映画レベルなのは中谷と木村だけ。
つーか、新しい女の時代のうねりとそこから振り落とされていく女たち、
というテーマを明確にするだけで、もっと見応えのあるものにできるはずだが。
何を撮りたかったのかよくわからん映画。

611 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 01:11:31 ID:awrklToZ
確かに、製作者がなんで今、この小説を映画にしたのかってのは
俺にもよく分からないかも。
エポックメーキングなことを考えるのが難しいような気がする今と、
何かが生まれそうなムードだった1955年ごろを対比させて
言いたかったことが何かあったのだろうか?
それとも単にすぐれた事件小説だからリメークしてみたくなったのか。

612 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 01:15:07 ID:29s7wpJc
>>611
松本清張生誕100周年って事で監督に犬童一心が決まり好みの女優を起用しようと
考えた結果この作品になったんだろう。

607 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 01:03:23 ID:NF8tsIKt
何が言いたいのか、おれがバカなんでよくわからなかった。

とにかくこの映画、終始、恐かったよ~(ガクガク)、特に中谷さん。
そんな中で広末さんのまん丸顔が写るとホッとする感じだった。

638 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 02:06:56 ID:riETLJNo
キムタエの訛りはどこの言葉?金沢?

2ちゃんねる映画ブログ

670 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 09:19:00 ID:vKb+jsoG
地元民だが、イントネーションが違う、金沢にも能登にも違う。
ここと似たイントネーションだね、どこの言葉?ってくらい。
もっとしっかり方言指導して欲しかったよ。
違和感続いたわ。せめて田中美里に出て欲しかったな。

672 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 09:40:46 ID:wF0GtmF+
中谷や木村にとって方言のイントネーションなんてどうでもいいんだろう。
映画賞の選考基準ではないから。

673 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 10:47:55 ID:i9Zas4QY
>>670
俺も金沢出身だけど、贅沢だと思うよ。
方言は80%正しかったよ。
少しぐらいの間違いは許してやれば。
テレビの低予算ドラマなんか、標準語、東北弁、茨木弁なんかによくなってることを思えば…

872 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 12:19:22 ID:thRRWtte
木村さんは昔立川にいたのに、金沢の数年であんな方言になるもんなんけ?

873 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 12:30:37 ID:7qKmaou7
原作本だと、田沼久子は金沢の出身。両親が肺病で亡くなった後、
兄と二人で農業をやっていたらしい。終戦後、兄と不仲になって
単身上京。その後兄の死亡をきっかけで戻ってきた。

で学歴は石川県高浜高等女学校。国語の授業はなかったのかね?

677 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 12:46:09 ID:De/TMJVk
昨日見ました。
全体的な印象は悪くなかったです。
最近の邦画のサスペンスとしては重厚で見れたほうです。

いわれているとおり、ONLY YOUは唐突だったし、
あのシーン自体いらないかと。
また、自殺した場所の字幕もなんか変。

広末と木村さんの配役を逆にしたほうが良いかなとも思ったけど、
ミステリー以外に焦点がぼやけるのは良くないかな?

母子手帳がひとつの引き金になっているのだろうけど、
だったらあの状況でも自殺しないんじゃないかなとか思った。

713 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 21:57:03 ID:OTzxacJs
母子手帳、の意味って分からんかった。
木村が赤ん坊を身ごもっていたってことけ?

714 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 22:01:21 ID:80ocb4Qf
>>713
そういうことでしょ。
でもそうだからなおさら死ぬのがわからん

717 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 22:19:24 ID:U3+SJ9Lk
憲一は禎子に乗り換えちゃって
マリーには殺人犯にされたあげく殺されそうになって
それでも子供を産んで生きて行けるほどの強さはなかったってことでしょ

682 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 16:51:41 ID:mj1z1UX1
面白かったが、電通と韓国が制作に関わっていたのがムカついた。
電通はこの映画をヒットさせて会社を立て直そうと画策しているのだろう。

678 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 13:50:18 ID:mj1z1UX1
韓国ユニットは絶対に必要なかったと思う。

684 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 17:12:44 ID:BPhzfG4X
韓国は町の発展が50年遅れてるとでも思って溜飲下げときゃいいのに

690 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 18:32:05 ID:80ocb4Qf
金沢市長選って意味あったの?

691 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 18:34:41 ID:riETLJNo
女性が社会に出始めたころ、それを邪魔する人々もいたって時代背景を分かりやすくするのと、
佐和子が女性の権利を強く求めていたってのがわかりやすくなるんじゃないかって目論見だろう

692 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 18:39:48 ID:muioe2yz
表に出たがらないってのも表現できるし、なかなか考えられてるよな

715 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 22:17:53 ID:Jo4iBzky
評判悪いな。
録音を使ったつまらんトリックは削除してあるのがいい(火サスの新藤兼人脚色はそのまま使ってた)。
で、それを除けば4/5くらいまでは原作に忠実。
最後にやっちまったという感じ。加賀が自殺する理由は別にないし、その伏線もないし。
三人の中では木村がいちばん巧い。中谷との絡みでは完全に中谷を喰っている。
で、次の中谷と広末の絡みでは中谷の圧勝。
なんだけど、あのオーバーアクトには少々閉口した。
風景から町並み、小道具まで、邦画にありがちな映像の貧しさがないのがいい。
犬童の職人作としては最高だろう。
作家としての犬童はもう終わっているので、本作で延命できた。
清張映画のベスト10内には入るだろう。

720 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 22:50:43 ID:ZdLa/v1T
中谷が倒れてから、ひろ末との絡み、現代の画廊の流れは、流れがブツブツと切られて雑な印象。
中盤の緊迫感が完全に切れてた

722 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 22:54:47 ID:80ocb4Qf
最後の現代の様子は、弟は画家として成功したということが言いたいのかな。
でもそれにどういう意味が?

725 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 23:11:36 ID:Io4CwYBt
>>722
時代の荒波に翻弄された人たちがいた、ってのを象徴的に表現してるんじゃないのかね
あんまり弟がどうのってのを言わんとしてた訳ではないと思う

724 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 23:05:44 ID:jiEiJFQr
広末離婚してから綺麗になったので期待して観ました。

新鮮な新妻という設定の前半より憲一の事を探求し始める中盤の演技は、映画の盛り上がりと共に好感を持って観れたのだが

後半の不可解な一気の真相解明や、必要以上のホラーシーンで後味の悪さだけが残った感じでした。
せっかく西島と広末特有の柔らかい雰囲気の二人なので、殺人に重点を置くより人間描写に重点を置いた脚色にすれば良かったのでは…

726 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 23:11:49 ID:Jo4iBzky
>>724
原作もこんな感じ。
後半はダラダラと謎解きの説明文が続く。
ミステリーとしては破綻しまくり。
だからその意味では忠実な映画化。

623 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 01:37:01 ID:awrklToZ
 「ゼロの焦点」ってどういう意味なの?
自然科学の用語?

753 :名無シネマ@上映中:2009/11/16(月) 14:41:30 ID:ttrs7xob
ゼロの焦点ってタイトルは事件の関連性は何か一つの事だけじゃなく

それぞれの人間個々にあるって事なのか
焦点が無い。つまりきっかけは偶然性なもの

758 :名無シネマ@上映中:2009/11/16(月) 16:01:12 ID:eNfD/GzP
>>753
ゼロの焦点というタイトルは、空襲で何もかも焼きつくされ軍国主義が破れ、すべてがゼロからスタートした時代だから…って
何かの本で読んだような?

761 :名無シネマ@上映中:2009/11/16(月) 16:24:00 ID:ttrs7xob
>>758

なる程

オープニングの残酷なシーンはそういう意味合いがあるんですね

779 :名無シネマ@上映中:2009/11/16(月) 21:47:30 ID:dkIAiOiK
結局、西島は戸籍が無いのに木村の夫として自殺で警察で処理されてたの?

2ちゃんねる映画ブログ

780 :名無シネマ@上映中:2009/11/16(月) 22:14:07 ID:gwNrH40R
警察のずさんな自殺処理なんか昔からかわっとらんよ
21世紀になってもご存知のとおり

831 :名無シネマ@上映中:2009/11/17(火) 16:29:37 ID:00cd90QN
西島が殺される理由が弱くね?
中谷がむかしパンパンだったのを知ってるっていうだけでしょ
すぐに金沢から居なくなって生まれ変わった気持ちで東京で新しい人生を送るって言ってるのに…
しかも、殺してすぐに西島の希望の通り木村を雇うし…
パンパンだった秘密を守りたいんだったら、普通木村は雇わないよな

848 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 00:21:02 ID:/oy/LMQG
>>831
鵜原からもらったメモを社長に渡しただけで、雇った時点ではその女が田沼だと気づいてないだろ

838 :名無シネマ@上映中:2009/11/17(火) 20:32:22 ID:4LVAxy4+
西島は中谷と木村が連絡を取るのをおそれ
中谷に一緒に住んでる女が木村だとは隠していた
中谷はその女が木村と知らないので西島に見せかけ自殺を仄めかす
中谷が木村と知ってたら西島に木村を捨てるのをやめるよう説得するだろうし
ただそれが裏目に出て西島は

西島が捨てようとしていた女を約束通り雇ってみたらその女はなんと・・・
中谷もあんたと知ってたら・・・というセリフ言ってる
その場合でも広末は西島を失う結果に

843 :名無シネマ@上映中:2009/11/17(火) 21:58:42 ID:llP+DwZJ
いずれにしても、西島はどうしようもない悪党(女に関しては)なんだから、広末が夢を奪われたなんて激昂する必要はないな。
むしろ中谷に感謝すべき。まだこれからやり直せる歳だし。

851 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 01:03:56 ID:pmYWbd9v
SLなどのシーンについて、鉄道に詳しい人の意見を聞いてみたいな。

858 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 04:51:06 ID:RRg9KhwY
>>851
>SLなどのシーンについて、鉄道に詳しい人の意見を聞いてみたいな。

急行「北陸」は、当時、高崎線と上越線が電化されていたので、上野発のSLは明らかに間違い。電気機関車(EF58)が正解。SL牽引は長岡からだと思うけど、それでもC57かD51でC11はありえない(これは大人の事情だと思うけど)。

あと、車内放送が流れていたけど、当時はいまのように放送装置があまり普及していなかったので、NGかも。

全体に鉄道の考証が甘すぎ。

三丁目の夕日のスタッフが欲しいわ(笑)。

859 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 08:23:41 ID:cVai6Qi1
>>858
現在使えるのは大井川鉄道だけなので、新撮の場合C11になるのはお約束。
プレートだけCGで差し替えるとか。
それをやると鉄男が騒いで「バルジ大作戦」みたいに伝説になるかな。

862 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 10:28:29 ID:65OVMTpr
酷評多いけど自分の趣味にはピタリとはまってしまったなあ。
日劇(冒頭で旧館がチラッと出てくる)で観たあと思わず並木通りを歩いてしまった。
宣伝で赤ばっかり強調してたら実は黒衣の女!はゾクッときたし、
ちょっとやりすぎの感もあったけど、ヒッチコックな断崖場面とか
40~50年代の映画っぽい映像はなんだかワクワクした。
中谷が教室で唱歌歌うだけで泣けてしまうのは松子の影響だろな。
あの映画ではサングラスに赤いコートの女も演じてた。

524 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 11:06:26 ID:4wbV4e9t
広末は番宣の時は露出しまくりなのに
なんで映画は絶対脱がないのか
そしてなぜぶりっこなのか

875 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 13:13:09 ID:IqUnyXqF
広末が初夜に騎乗位で腰をグラインドさせながら
ハァハァしてる濡れ場期待君でしたが
あっさりしすぎでションボリ・・

882 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 17:33:14 ID:UPWjfs0O
>>875
乱れすぎwww


関連記事

  1. 2010/03/18(木) 00:09:14|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0
<<アポロ13 | ホーム | ブッシュ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1011-1f8e6c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[映画『ゼロの焦点』を観た]

☆面白かった。  『ALWAYS』以降、日本のVFX技術は、作品の中で、本当に違和感なく、物語の回想シーンの戦後直後から、昭和30年代までの風景を見事に再現している。  その中で、割とオーソドックスなシナリオで役者が熱演している。  これまでの邦画(日本
  1. 2010/03/18(木) 03:59:56 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ゼロの焦点

観たい映画が4つも公開された昨日の土曜日。仕方ないので(?)、レイトショーのはしごをすることに。時間を調べて、1本目は「ゼロの焦点 」を鑑賞。 「UCとしまえん
  1. 2010/03/18(木) 05:18:41 |
  2. いい加減社長の日記

ゼロの焦点

松本清張の同名小説を映画化した作品。これまでにも1961年、1983年に映画になっています。かなり前に原作を読みました。 禎子は見合いで憲一と結婚します。結婚式の7日後、憲一は仕事の引継ぎで勤務地だった金沢に出掛けます。引継ぎを済ませ、住居を引き払い、一週間で東
  1. 2010/03/18(木) 06:52:38 |
  2. 日っ歩?美味しいもの、映画、子育て...の日々?

『ゼロの焦点』

&amp;nbsp&#59;□作品オフィシャルサイト 「ゼロの焦点」□監督・脚本 犬童一心 □原作 松本清張 □脚本 中園健司 □キャスト 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎■鑑賞日 11月22日(土)■劇
  1. 2010/03/18(木) 07:21:16 |
  2. 京の昼寝?♪

ゼロの焦点

【犬童一心】ゼロの焦点【広末中谷キムタエ】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1238520728/1 :名無シネマ@上映中:2009/04/01(水) 02:32:08 ID:ZhierOgI 原作 松本清張 監督 犬童一心 キ...
  1. 2013/03/27(水) 15:30:24 |
  2. 456

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (286)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 香港映画 韓国映画 ニコラス・ケイジ 高良健吾 竹中直人 谷村美月 ジョニー・デップ 麻生久美子 妻夫木聡 西田敏行 ミュージカル サミュエル・L・ジャクソン 加瀬亮 ブルース・ウィリス リーアム・ニーソン 阿部寛 松山ケンイチ ジャッキー・チェン 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ハリソン・フォード スペイン映画 マット・デイモン ドキュメンタリー 浅野忠信 ARATA 山田孝之 三浦友和 役所広司 岡田将生 中村獅童 小出恵介 ブラッド・ピット 戸田恵梨香 ユアン・マクレガー レイフ・ファインズ 宮藤官九郎 小池栄子 瑛太 藤原竜也 小栗旬 蒼井優 満島ひかり 玉山鉄二 宮崎あおい スティーヴン・セガール スカーレット・ヨハンソン 長澤まさみ 吉高由里子 アーノルド・シュワルツェネッガー 堤真一 ジョン・トラヴォルタ 成宮寛貴 谷原章介 大沢たかお 樹木希林 犬映画 ジェイソン・ステイサム ゲイリー・オールドマン ロバート・ダウニーJr. ユースケ・サンタマリア 特撮 ジョージ・ルーカス キャメロン・ディアス 鈴木京香 田中麗奈 西島秀俊 中国映画 カナダ映画 佐々木蔵之介 伊勢谷友介 モーガン・フリーマン 渡辺謙 薬師丸ひろ子 トム・クルーズ トム・ハンクス エマ・ワトソン 窪塚洋介 椎名桔平 広末涼子 ガイ・ピアース アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 綾瀬はるか 宮崎駿 田辺誠一 香里奈 堺雅人 柳葉敏郎 園子温 アンソニー・ホプキンス ジョージ・クルーニー 北乃きい 深田恭子 ヒュー・ジャックマン 市原隼人 香取慎吾 井上真央 仲里依紗 オーストラリア映画 シガーニー・ウィーバー 玉木宏 中井貴一 サンドラ・ブロック ラッセル・クロウ 石原さとみ 伊藤英明 阿部サダヲ ダコタ・ファニング ハル・ベリー ジョディ・フォスター 草なぎ剛 竹内結子 クリント・イーストウッド アン・ハサウェイ 仲間由紀恵 ミラ・ジョヴォヴィッチ ユマ・サーマン 成海璃子 佐藤隆太 ミッキー・ローク 上野樹里 仲村トオル ウィル・スミス 松田龍平 水川あさみ イライジャ・ウッド クリスチャン・ベール シルヴェスター・スタローン 大泉洋 豊川悦司 トミー・リー・ジョーンズ 木村佳乃 木村多江 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ 林遣都 ベン・アフレック ケイト・ベッキンセイル 深津絵里 ケヴィン・スペイシー 堀北真希 大竹しのぶ 柴咲コウ リチャード・ギア キアヌ・リーブス ジュード・ロウ 吉瀬美智子 白石美帆 ナタリー・ポートマン 永山絢斗 スティーヴ・ブシェーミ 岡田准一 黒木メイサ 栗山千明 コリン・ファレル ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー メリル・ストリープ ティム・バートン 松田翔太 オーランド・ブルーム 江口洋介 哀川翔 ジュリア・ロバーツ 小雪 ダスティン・ホフマン 小西真奈美 松本人志 マイケル・J・フォックス 森山未來 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン 松雪泰子 唐沢寿明 及川光博 佐藤健 ロバート・ゼメキス マイケル・ベイ 中村蒼 北野武 リュック・べッソン ペネロペ・クルス 西部劇 佐藤江梨子 北川景子 竹野内豊 クエンティン・タランティーノ アレック・ボールドウィン ザ・ロック マイコ 香椎由宇 寺島しのぶ ベルギー映画 宮迫博之 ケヴィン・ベーコン ベニチオ・デル・トロ イタリア映画 グウィネス・パルトロウ ショーン・ペン 中谷美紀 デニス・クエイド 菊地凛子 ヒース・レジャー 松たか子 ジャン・クロード・ヴァン・ダム 織田裕二 生田斗真 多部未華子 アビゲイル・ブレスリン キャシー・ベイツ ジェームズ・キャメロン 小林聡美 オーストリア映画 桐谷健太 ビル・マーレイ 向井理 ウィノナ・ライダー 篠原涼子 ロバート・パティンソン ジャック・ブラック サラ・ジェシカ・パーカー チャーリー・シーン ポール・バーホーベン 市川由衣 マイケル・ダグラス 三浦春馬 ジェフ・ブリッジズ 猫映画 イーサン・ホーク シャーリーズ・セロン 溝端淳平 ケヴィン・コスナー ジム・キャリー 永作博美 ダニエル・クレイグ ジェット・リー 芦田愛菜 ダニエル・ラドクリフ クライヴ・オーウェン 真田広之 オーウェン・ウィルソン ベン・スティラー ピアース・ブロスナン ジェラード・バトラー イ・ビョンホン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジョン・マルコヴィッチ 小泉今日子 スーザン・サランドン 新垣結衣 エディ・マーフィ 吉川晃司 ケイト・ウィンスレット 岡村隆史 上戸彩 原田知世 二宮和也 ガイ・リッチー リブ・タイラー 中居正広 ヒュー・グラント 山田洋次 榮倉奈々 シャイア・ラブーフ 木村拓哉 小池徹平 アンドリュー・ガーフィールド エドワード・ノートン 福田沙紀 星野真里 中村雅俊 ダニエル・デイ・ルイス 稲垣吾郎 クリステン・スチュワート クリス・パイン ジェシカ・アルバ 水谷豊 ナオミ・ワッツ 笑福亭鶴瓶 ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ チェコ映画 桜庭ななみ キーファー・サザーランド リバー・フェニックス ティム・ロビンス オダギリジョー ロビン・ウィリアムズ 三谷幸喜 M・ナイト・シャマラン アントニオ・バンデラス メキシコ映画 平野綾 内田有紀 夏帆  ジェームズ・マカヴォイ エミリオ・エステベス 松田優作 マシュー・マコノヒー 水嶋ヒロ ソン・ガンホ オリヴァー・ストーン エイドリアン・ブロディ 井ノ原快彦 高倉健 シャロン・ストーン ミシェル・ファイファー ポーランド映画 ジェラルド・バトラー 庵野秀明 三浦翔平 キーラ・ナイトレイ ジェイミー・フォックス メグ・ライアン 速水もこみち ペ・ドゥナ キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート ウィリアム・ハート デミ・ムーア 寺尾聰 長谷川京子 福山雅治 東山紀之 アンディ・ガルシア ジョシュ・ハートネット 相武紗季 アル・パチーノ 前田敦子 ドリュー・バリモア スティーブン・キング ブレンダン・フレイザー オードリー・ヘプバーン ジャン・レノ ジョン・キューザック 押井守 ショーン・コネリー 反町隆史 ホアキン・フェニックス メル・ギブソン 武井咲 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ マーティン・スコセッシ ウーピー・ゴールドバーグ ハーレイ・ジョエル・オスメント 吉永小百合 マコーレー・カルキン アダム・サンドラー 渥美清 井筒和幸 大島優子 つるの剛士 ジェニファー・アニストン 武田鉄矢 藤木直人 米倉涼子 中島哲也 リンジー・ローハン ノルウェー映画 松嶋菜々子 奥菜恵 ピーター・ウェラー スウェーデン映画 タイ映画 マイク・マイヤーズ 松下奈緒 大倉忠義 ウェズリー・スナイプス チョン・ウソン 加藤あい リーズ・ウィザースプーン アシュトン・カッチャー オランダ映画 吉岡秀隆 ポール・ニューマン 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア マドンナ 沢尻エリカ チャック・ノリス 安藤政信 金城武 チャン・ツィイー 櫻井翔 ルクセンブルク映画 陣内孝則 中山美穂 チョン・ジヒョン 市川海老蔵 マット・ディロン 菅野美穂 クリス・タッカー スティーヴ・マーティン ウォンビン 佐々木希 カート・ラッセル コロンビア映画 アルゼンチン映画 アシュレイ・ジャッド ハンガリー映画 台湾映画 イスラエル映画 山下智久 シェール 照英 赤西仁 ブルース・リー 亀梨和也 ソン・スンホン 新海誠 長瀬智也 山下敦弘 スイス映画 マイケル・ムーア 伊東美咲 錦戸亮 松平健 本木雅弘 フィンランド映画 シガニー・ウィーバー イラン映画 丸山隆平 スイス映画 キーラ・ナイトレイ ドルフ・ラングレン インド映画 松坂桃李 高橋克典 松岡昌宏 大野智 村上信五 スロベニア映画 ポール・ウォーカー デンマーク映画 ロバート・レッドフォード ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン スロバキア映画 キルスティン・ダンスト 森且行 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR