2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒット作がない松本人志監督、新作は6人の女優を使ったSM映画 結局エロ頼み

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1361262986/
5_20130219235533.jpg

1 : ブリティッシュショートヘア(埼玉県)[sage] : 2013/02/19(火) 17:36:26.90 ID:qhH42+on0 ?PLT(12110) ポイント特典

松本人志新作のSM映画に女優6人出演
人気お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が監督を務める新作映画が来月中にもクランクアップ、今夏公開予定との極秘情報をキャッチした。

しかも、4本目となる新作のテーマはSM。6人の有名女優たちが、女王様を演じるというから驚くしかない。2013年の映画界の話題を独り占めすることは間違いない。

http://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/%EF%BC%92%E6%9C%88%EF%BC%91%EF%BC%99%E6%97%A5%EF%BC%88%E7%81%AB%EF%BC%89%E7%99%BA%E8%A1%8C/

13 : アメリカンカール(庭) : 2013/02/19(火) 17:52:17.46 ID:B+RJ9GeR0
>>1
冨永愛
佐藤江梨子
大地真緒
寺島しのぶ
片桐はいり
渡辺直美


片桐はいりだけはこんな仕事引き受けてほしくなかった

3 : ベンガルヤマネコ(福岡県)[sage] : 2013/02/19(火) 17:39:39.67 ID:eHUCkxklP
女優のチョイスでもうスベってますなぁ

>>続きを読む

スポンサーサイト

  1. 2013/02/19(火) 23:58:45|
  2. 映画ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
このエントリーをはてなブックマークに追加

松本人志監督、映画の殿堂「シネマテーク・フランセーズ」を表敬訪問「日本でも、もう少しこのすごさを伝えてもらいたいですね」

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1331237591/

1 :禿の月φ ★:2012/03/09(金) 05:13:11.60 ID:???P
 松本人志監督が3月6日(現地時間)、メガホンをとった映画「大日本人」「しんぼる」
「さや侍」が特集上映される、フランスの文化施設「シネマテーク・フランセーズ」を表敬訪問した。

 松本監督は、“映画の殿堂”とうたわれる同施設のプログラムディレクターを務める
ジャン=フランソワ・ロジェ氏の案内で、23日に上映されるアンリ・ラングロア・スクリーンや、
7日から始まるティム・バートン展を観覧。

 今回の快挙について、「プロ野球でいうと入団して2年目ぐらいの選手が
名球会に入ったくらいすごい話だと思うし、うれしいこと」と喜びをかみ締めた。
それでも「日本でも、もう少しこのすごさを伝えてもらいたいですね。
“まっちゃん監督”と言われるように、軽く見られているというか、
ダウンタウン松本というテレビのイメージが強いですからね」と語った。

 ロジェ氏は、今回の特集上映にいたった経緯を「彼(松本監督)へのオマージュを捧げるという意味を込めて
特集上映しました。彼の作品はフランスではまだ公開されていないので、それを1本ずつ上映し、
まだ彼を知らない人に発見していってもらいたい」と説明。
また、松本監督作の特徴を「伝統的な日本映画でもある。『大日本人』は怪獣映画、
『さや侍』は侍映画といった風に日本映画を見直していたり、からかっているように、
独創的な日本映画への視点を提供している」と賛辞を惜しまない。

 「シネマテーク・フランセーズ」は、世界各国からコレクションした4万本以上の映画を保管する、
仏政府出資の私立文化施設。同施設で特集上映が行われるのは、世界に認められた監督作品だけだ。
過去にはフランソワ・トリュフォー、アルフレッド・ヒッチコック、スティーブン・スピルバーグをはじめ、
日本では黒澤明、今村昌平ら巨匠に限定される。松本監督のように、3作品で特集上映が行われることは異例といえる。
なお、「さや侍」は5月9日から同国15館での一般公開も決定している。(了)

ソース:eiga.com
http://eiga.com/news/20120309/2/ 
画像:ジャン=フランソワ・ロジェ氏と握手を交わす松本人志監督
5_20120309234841.jpg
14_20120309234841.jpg
41_20120309234840.jpg

9 :名無しさん@恐縮です:2012/03/09(金) 05:17:48.00 ID:zezaLMwo0
ホントに年々勘違いしていくなwwwwww

10 :名無しさん@恐縮です:2012/03/09(金) 05:20:02.81 ID:PCuA+SHL0
へー、すごいなー
吉本はいくら位お金を払ったのかな?

15 :名無しさん@恐縮です:2012/03/09(金) 05:25:37.16 ID:3FslD1lO0
はいはいすごいすごい

>>続きを読む


  1. 2012/03/10(土) 00:46:44|
  2. 映画ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
このエントリーをはてなブックマークに追加

さや侍

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1307712214/
5_20111113193821.jpg

1 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 :2011/06/10(金) 22:23:34.13 ID:Id5v9t6U
松本人志監督作品
第64回ロカルノ国際映画祭 ピアッツァ・グランデ部門 正式招待作品
第16回釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門 正式出品作品

「鞘(さや)しか持たない侍とその娘、30日間の戦い-。」
とあることがきっかけで、自ら侍として戦うことを拒絶し、刀を捨てた野見勘十郎。
そんな父を軽蔑し反発する娘たえ。二人は行くあてもない流浪の旅を続けていた。
無断で脱藩した罪に問われていた勘十郎には懸賞金が掛けられていた。次第に追い詰められた勘十郎は
遂に捕らわれるのだが、捕まった藩の殿様は相当な変わり者として世に名を馳せていた。
殿様の眼前に連行された勘十郎は、《30日の業》に処されるが、それに成功すると無罪放免になると言う…。

>>続きを読む


  1. 2011/11/15(火) 21:27:31|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
このエントリーをはてなブックマークに追加

【映画】松本人志、第一回監督作品「大日本人」ハリウッドリメイクが決定

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1307304352/


1 :禿の月φ ★:2011/06/06(月) 05:05:52.32 ID:???P
 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、今月3日に生出演したNHK朝の情報番組『あさイチ』で思わず口走った
「ハリウッドからのすごい話」の詳細が5日、わかった。松本の第一回監督作品『大日本人』が、
米大手映画スタジオコロンビア映画によってリメイクされることが決定。製作時期や公開については未定だが、
すでにプロデューサーと脚本家は決まっており、単なるリメイク権獲得から一歩進んだ段階にあるという。

 最新監督作『さや侍』(6月11日公開)がスイス・ロカルノ国際映画祭(8月3日開幕)から招待されたのに続き、
映画監督として自らが生み出した“わが子”のような作品が、海外から高く評価され、よほど嬉しかったのだろう。
松本はリメイク版に基本ノータッチの立場だが、アドバイザリー契約を結んで、生まれ変わる“わが子”を見守ることになる。

 『大日本人』は、日本中のいたるところに出没する「獣」と戦っていたヒーロー「6代目大日本人」の栄光と悲哀の物語。
松本は初監督作品にして、企画・監督・主演という三役をこなし、既成概念に囚われず、独自の新しい手法で映像化。

 2007年6月に公開され、国内で動員90万人、興行収入12億円を上げた一方、
海外ではそのオリジナリティあふれる作風が注目され、2007年のカンヌ国際映画祭監督週間でのワールドプレミア上映をはじめ、
トロント国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭、釜山国際映画祭などで上映された。
全米では『Big Man Japan』の英題で、2008年4月から2009年11月の長きに渡り、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、
シカゴ、ボストン、デトロイト、デンバー、オースティンなど26都市の各劇場で順次公開された。 (>>2に続きます)

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://english.oricon.co.jp/news/88432/full/

2 :禿の月φ ★:2011/06/06(月) 05:06:17.00 ID:???P
>>1からの続きです)
 リメイク化には米メジャー数社からオファーが寄せられていたが、ようやく今春、コロンビア映画と合意に達した。
同社は米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの子会社にあたり、『ソーシャル・ネットワーク』、『スパイダーマン』シリーズ、
『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』『ダ・ヴィンチ・コード』などの製作、配給を手がけている。
これまでに清水崇監督のホラー映画『呪怨』をリメイクした『The Grudge』、続編『The Grudge 2』を製作した“実績”もある。

 リメイク版のプロデューサーを務めるのは、日本でも人気を博した海外ドラマ『プリズン・ブレイク』、
映画『アイ・アム・レジェンド』『ワイルド・スピード』シリーズ、『グリーン・ホーネット』などを手がけるニール・H・モリッツ氏。
『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)を世に送り出した人物であることからも、“日本”に対する感心の高さが伺える。
彼は深作欣二監督の『バトル・ロワイアル』のリメイク権も獲得している。

 脚本は『タイタンの戦い』(2010年)のフィル・ヘイとマット・マンフレイディのコンビで、彼らの次回作はアメコミ原作の映画
『R.I.P.D.(原題)』(2012年公開)と『ザ・ボーイズ』で、共にプロデュースはモリッツ氏が務める。 (了)

5 :名無しさん@恐縮です:2011/06/06(月) 05:07:07.92 ID:cZA77O7J0
詳しくないが、凄いことなのか?

11 :名無しさん@恐縮です:2011/06/06(月) 05:08:37.81 ID:79f6toJD0
>>5
権利を買うのはよくある話。
監督やキャスト決まっても凍結する事は珍しくないからまだなんともだなー

>>続きを読む


テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

  1. 2011/06/06(月) 23:00:46|
  2. 映画ニュース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
このエントリーをはてなブックマークに追加

【テレビ/映画】NHK「あさイチ」に出演した松本人志「今、ハリウッドからすごい話が来ていて……」「すべてを3日後に発表します」

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1307090129/
14_alikeh_20110604014857.jpg

1 :かばほ~るφ ★:2011/06/03(金) 17:35:29.58 ID:???0
松本人志 :次はハリウッド「3日後に重大発表」 NHK「あさイチ」で宣言
2011年06月03日

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが3日、NHK朝の情報番組「あさイチ」のトークコーナー
「プレミアムトーク」に出演した。松本さんは「今、ハリウッドからすごい話が来ていて……」と明かし、
マネジャーらが慌てて止める場面も見られたが、「すべてを3日後に発表します」とコメントした。

監督3作品目となる映画「さや侍」(11日公開予定)にかける思いをはじめ、「笑いのすべてをやり尽くし
たい」と日々笑いと向き合う松本さんの舞台裏が紹介された。同映画が8月3~13日にスイスで開かれる
「第64回ロカルノ国際映画祭」に出品され、映画祭の目玉「Piazza Grande Section」で上映されることに
ついて、「自慢みたいで嫌なんですけど、言っていいですか?」としながらも、「海外では“松本人志監督”
として評価してもらってます。日本のニュースでももっと取り上げてほしい!」と笑わせていた。そのほか、
松本さんが追い求める「笑い」とは何か、結婚して娘ができたことでの心境の変化などを人気グループ「V6」
の井ノ原快彦さんらが直撃した。

同番組は、毎週月曜から金曜の午前8時15分~午前9時54分に放送され、司会を井ノ原さん、有働由美子アナウンサー、
柳澤秀夫解説委員の3人が務めている。プレミアムトークは、各界の第一線で活躍するゲストを招き、仕事の
話や成功に至るまでの苦難、プライベート映像などを紹介し、井ノ原さんらがゲストに迫る内容となっている。
(毎日新聞デジタル)

まんたんウェブ
http://mantan-web.jp/2011/06/03/20110603dog00m200004000c.html

4 :名無しさん@恐縮です:2011/06/03(金) 17:36:40.67 ID:Q/PYz/BJO
必死すぎて涙出てきた

48 :名無しさん@恐縮です:2011/06/03(金) 17:44:49.73 ID:Sy8IVDw8O
ハリウッドw
ずいぶん体張って笑わせてくれるなwww

74 :名無しさん@恐縮です:2011/06/03(金) 17:47:44.55 ID:mSBHTEEJ0
どうせ箔付けの為だけの全米公開とかその程度だろ

80 :名無しさん@恐縮です:2011/06/03(金) 17:48:49.87 ID:pGB1lm850
吉本がハリウッドに会社作って
そこがリメイクすれば
「さや侍、ハリウッドでリメイク決定!ホルスター・カウボーイ!」

536 :名無しさん@恐縮です:2011/06/03(金) 20:08:53.94 ID:VUa7J05r0
ハリウッドでリメイクだろうなぁ。
大日本人もしんぼるもコンセプトは悪くないから
監督さえ変わればきっと面白いものが出来る。

>>続きを読む


テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

  1. 2011/06/04(土) 01:55:02|
  2. 映画ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
このエントリーをはてなブックマークに追加

【映画】松本人志監督作品第3弾 “さや侍” 泣き笑いする予告編が完成

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1301888952/

1 :天使のかけらφ ★ :2011/04/04(月) 12:49:12.53 ID:???0
お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志の3作目となる監督作品『さや侍』の予告編が完成した。

主演に俳優としては素人の野見隆明を抜てきするなど、独自路線を貫く松本監督の最新作は、初の時代劇。
父娘の葛藤と絆がテーマの同作の予告編は、子役の熊田聖亜が演じる娘“たえ”のシーンを中心に編集。
物語の肝となる“三十日の業”の一部も明かされ、泣き笑い必至の感動作を予感させる仕上がりとなっている。

鞘(さや)しか持たない侍、野見勘十郎は、ある出来事をきっかけに刀を捨て、戦うことを拒み、娘たえとあてのない旅を続けていた。
だが無断で脱藩した罪により、勘十郎は捕われの身に。変わり者の殿様から処されたのは、母を亡くした悲しみで若君から失われた笑顔を取り戻す、“三十日の業”という難業だった。
一日一芸、成功すれば無罪放免、失敗すれば即切腹という過酷な試練の期限は三十日。勘十郎とたえの刀を使わぬ命懸けの戦いが始まった。

殿様役の國村隼、野見の見張り役の門番役の板尾創路、柄本時生、野見を狙う賞金稼ぎ役のりょうら、芸達者たちが脇を固める。
6月11日(土)より全国で公開される。

ソース
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/86267/full/

映画『さや侍』より 芸達者たちが顔を揃える中、唯一の素人である野見隆明と子役の熊田聖亜の迫真の演技に注目
14_alikeh_20110405020433.jpg

映画『さや侍』より 門番役で出演する板尾創路と柄本時生 
41dQ0l+1QV_20110405020432.jpg

映画『さや侍』より 殿様役で出演する國村隼
51BVXZqazi_20110405020432.jpg

【動画】映画『さや侍』予告編

>>続きを読む


テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

  1. 2011/04/05(火) 09:23:08|
  2. 映画ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
このエントリーをはてなブックマークに追加

しんぼる

しんぼる part4
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1252723718/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/09/12(土) 11:48:38 ID:f3ct3lL2]
ストーリー

 メキシコのとある町に住むプロレスラー、“エスカルゴマン”。彼の妻は、夫がいつもとは様子が違う事に気付く。その原因は、その日の対戦相手が自分より若くて強い“テキーラ・ジョー”である事だけではなく、他に“何か”が起こりそう、という胸騒ぎがしていたからだ。
 時同じくして、水玉模様のパジャマを着た、マッシュルームカットの男(松本)は、ふと目を覚ますと、白い壁に囲まれた部屋に閉じこめられていた。男はその部屋から脱出を試みようとする・・・。

キャスト [編集]

* 松本人志

スタッフ [編集]

* 企画・監督:松本人志
* 脚本:松本人志、高須光聖
* 企画協力:高須光聖、長谷川朝二、倉本美津留
* アソシエイトプロデューサー:小西啓介、竹本夏絵
* ラインプロデューサー:代情明彦
* VFX監督:瀬下寛之
* 音楽:清水靖晃
* 制作プロダクション:よしもとクリエイティブ・エージェンシー、ファントムフィルム、葵プロモーション
* プロデューサー:岡本昭彦
* 配給統括:野田助嗣
* 製作総指揮:白岩久弥
* 製作代表:吉野伊佐男、大崎洋
* 配給:松竹
* 製作:吉本興業

公式サイト
http://symbol-movie.jp/

>>続きを読む


  1. 2010/08/27(金) 09:10:37|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。